忍者ブログ
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
com16

8月は芒、9月は菊と言いますが今やバナナに芙蓉で異国情緒に二重の輪っかのかかる暑さです。
そんな暑さの中で夕湯会がお送り致しました作品「鈴蘭畑でつかまえて」ですが、相変わらずの新キャラと謎の感動を目指したエコ(普段のページ数からすると)でエコ(地球の環境を考えるとすると)な内容になっています。

そしてイベントが終わればそこには何があるか。そう、それは

誰も望んでいない

遊乃とボブによる

トークなイベントレポ―

2回目なのにおざなりと一緒で続くものですね↓

遊乃: コミトレれぽー
ぼぶ: おつかれーあっつかったな
遊乃: 暑かった。でも水分は自重せざるをえなかった
ぼぶ: ありがたい水分の差し入れ、まぁ問題はその量?
遊乃: ありがたい。ありがたいんだけど、なんていうか、
遊乃: many
ぼぶ: ん?
遊乃: 多かったね
ぼぶ: あぁ「多い」か「金」と勘違いした
遊乃: あんたそれまねーや
ぼぶ: まにー
遊乃: まさかそんなはずはないだろうと思ってたことが起きてびっくらポンだよ
ぼぶ: まぁとりあえずレポに戻るけど
遊乃: うん
ぼぶ: 俺たち当日、寝ずの参戦なワケだったんですが
ぼぶ: そんな人
ぼぶ: ばっかりだったようで(知り合いは)
遊乃: そんなものだよ界隈は。後悔と眠気と楽しさと汗臭さがブレンドされるのさ
ぼぶ: 俺だけ汗臭さに全振りされてたのは気のせい?
遊乃: 夏の悪戯さ
ぼぶ: まぁ暑さのせいなんはそうなんだろうが
ぼぶ: で
ぼぶ: まぁいつもより早く到着して二人で余った時間バトルタワー上ってたわけですが
遊乃: いやーひどい!
遊乃: うんひどい
ぼぶ: なにが?
遊乃: 君のドラピオン
ぼぶ: ふざけんな!エレキブルもだよ
遊乃: わかってんじゃねぇか!
遊乃: スナイパーとは思えないきゅうしょのあたらなさだよ
遊乃: やめちまえ狙撃手!
ぼぶ: 当たってないからな。そりゃ狙わなければ当たらないさ
ぼぶ: こんな話をしたいわけではない。さっさといこう
遊乃: そんなわけでポケモンでだらだら時間つぶしてたら開場になりましたとさ
ぼぶ: で、なんやかんやあって終わっちゃたんだよねぇ
ぼぶ: オラオライェイイェイぶちかませー
遊乃: それ面白いと思ってるのおいらとyouザロック好きだけだろ
ぼぶ: まぁね
遊乃: まるでうちの本のような 自己中心さ
遊乃: うまくまとまったぞ
ぼぶ: イベント中は色紙とスケブ描いて一人でうれしくあわててただけだったな、おれは
遊乃: うれしかったんだ。てっきり暑さと尿意と持参した椅子の固さにあわててたのかと
ぼぶ: 痔になったことは間違いないはず、いや、もう持ってますが
遊乃: 誰得のカミングアウトだよ
ぼぶ: とりあえず遊乃のほうから「鈴蘭畑でつかまえて」の完成を終えて一言どーぞ
遊乃: ミュゲーレインを読めたのかどうかが気になったりならなかったりでした
ぼぶ: さっきのノリでいくと「ミュゲットレイン」だな、おしい
遊乃: おー伏線回収
ぼぶ: それよりまた今回も夕湯会オリジナルなキャラ出しちゃったがなんかあんの?原作者
遊乃: とらのあなの販促にも言った通りです。イロモノが出ちゃうサークルなんだよ夕湯会って
遊乃: ほんっと常に出てるからな
ぼぶ: 原作&漫画:ぼぶではあんま出たことないが原作:遊乃、漫画:ぼぶでは絶対出るなww
遊乃: 数えたら片手は超すね現状で
ぼぶ: そんなに作ったか疑問だがな
ぼぶ: あ~コミトレレポ続けなきゃな
遊乃: やっぱSkypeだけの会話だと間の取り方が難しい
遊乃: かわりにくっだらない脱線も少ない
遊乃: なんだよあの後書き
遊乃: いやそんなことよりレポ。どうでしたかまとめ
ぼぶ: でトレジャ後に幹事長さんの「東方酒宴卿」なるイベント後オフという名のまぁイベントに参加させてもらって、楽しんで、疲れて、帰って風呂入って寝て・・・・で今に至るわけです
遊乃: 寝過ぎってつっこんだら負けだろうけど負けて良いわ
遊乃: とまぁ今回のイベントレポはいつも通りぐだぐだ何もレポート出来てない残念な内容になってしまいましたが、そろそろお時間のようです。何かの。
ぼぶ: そりゃ、言うことっていったら
ぼぶ: 今回のイベントで本や色紙を買ってくれた方はもちろん、本に目を通してくれた方、声をかけたくれた方、ほかにも当日出会えた方にはホントに感謝感謝です!
ぼぶ: その行為こそが次の本への意欲になりエネルギーとなって内容にも影響を与えてくれる!
ぼぶ: ホント、助かるって言う
遊乃: 次回の本は映姫様が主人公になります。
ぼぶ: いいねぇ。若干ギャグ色強いよね、「鈴蘭」にくらべて
遊乃: 「鈴蘭」がギャグ度50だとするとだいたい132くらいはいくと思われます
遊乃: 132Gapです
ぼぶ: ギャグパーセントね。
遊乃: んや、「ガッペ」
遊乃: 1ガッペ=あのガッペ
ぼぶ: ガパスでよくね?くだらねぇ
ぼぶ: そしてさっきサイト様子見に行ったら300踏んだwww
遊乃: あんた250も踏んでるじゃないの!
ぼぶ: ふざけんな!200も踏んだ
遊乃: いつの時代のキリバンゲッター職人だよ
ぼぶ: このサイトは俺と数少ない住人でできてるんだよ。夕湯邸の住人たち。だよ
ぼぶ: 正直すまんかtった
遊乃: それで一本かけそうだけど勝手に住人にされた方々に申し訳ないったらないな
ぼぶ: まぁまぁ、そろそろしめて
遊乃: えー次回の事言っちゃっていい?タイトルとか
ぼぶ: いいよ。今度は変えない
遊乃: 紅楼夢新刊(予定は未定)「梟はガベルの音を聞くか」92Pのオフセです。あなたの戦利品入れを圧迫する一冊になることでしょう
遊乃: こうごきたーい。
ぼぶ: こうごきたーい
遊乃: いじょう、夕湯会でしたー
遊乃・ぼぶ: やーーーー


この際なのでコメントのお返事も二人でいってみたりしたり。


>コミトレお疲れ様でしたー!
今回通りすがりに購入させていただいた幽香大好き人間ですw

鈴蘭の妖怪とのお話、たのしく読ませていただきました。
独自解釈が好きな人間にとっては、かなり楽しめましたねー。

そしてオマケ(?)のアレw
椛の苦労人っぷりが大好きになりましたwwww

紅楼夢も行かれるそうで、よろしければまた顔を覗きに行かせて頂こうかと思います。

それではー。


遊乃: ありがとうございます!コメントを頂いた時間遊乃は風呂で半寝でした。
ぼぶ: ありがとうございます!コメントを頂いた時間ぼぶはベッドで半目でした。
遊乃: 幽香はやっぱり番長キめてもらわないとね
ぼぶ: ダヨネ!番長は番長でも本人気付いていないうちに周りから番長言われるタイプの番長ダヨネ!
ぼぶ: あと東方で一番「狂喜」の似合う人だと思ってる
遊乃: ダークサイドでオブザムーン。あの口だよ全ては。あともじゃ
ぼぶ: 幽香描いてる時、描いてる方もその顔になっちゃうからイベント中はさぞ・・・
遊乃: そこかしこで狂喜ヅラが見られる素敵なイベントなわけだ
ぼぶ: 描いてて一番気持ちいいキャラです
遊乃: 紅楼夢でも色々とやっていると思います。
オマケのあれもいつも通りのような気もします。
ぼぶ: また椛が・・・な感じは揺るぎなさそうです


>幻想に花面白すぎた
言葉の使い方とか真似しようにも出来ないレベル
機会があったらまた行くよ!

遊乃: 機会がなくともかもん!!1111
ぼぶ: もん!
遊乃: ここだけの話しその既刊はげふんげふん
ぼぶ: 言っちゃっていいか知らんがげふんふぇふん
遊乃: まぁそんなわけでゼッタイにセリフとかじっくり読んじゃだめだゾ★
ぼぶ: ほんとにねw
PR


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 
【とらのあな】にてなんやかんや委託中です。


profile
 
遊乃・ぼぶが運営する創作サークル「夕湯会」のサイト。

《遊乃》
・twitter 
・Pixiv

《ぼぶ》
・twitter 
・Pixiv


【既刊物】
◆オリジナル
バイタル・アーキテクト04



バイタル・アーキテクト03



バイタル・アーキテクト02



バイタル・アーキテクト01




◆東方Project
鬼と蛙の神殺し 終巻



あぁ!空からカエルが降ってきた!しかも百万匹!



鬼と蛙の神殺し 中巻



鬼と蛙の神殺し 上巻



人外たちのやり方



トウホウボウル



世界一可愛い映姫様とその他による4コマ系漫画



零度と無限のヒーロー -YUMEGIWA LAST GIRL-



なほ幻想に花は咲き乱れむ-完全版-



梟はガベルの音を聞くか 後篇



梟はガベルの音を聞くか 前篇



鈴蘭畑でつかまえて



天に星、地に花、人に―



パンダトリオデシネ



なほ幻想に花は咲き乱れむ



◆アイドルマスター シンデレラガールズ
パッションとのセックス×14はパッションだ。【18禁】



三つ編みでゲーマーでJCとか最高か。【18禁】



キノコのせいで輝子がエロくなりました。【18禁】



サイキックでいこう



15歳とかにファ○クと叫ばせてもいいんですか



◆ガールズ&パンツァー
パンツァーじゃんけん



CROSS ROAD



乙女達の戦車道





















忍者ブログ [PR]